ウォーターサーバーイメージ

赤ちゃんに使うためにウォーターサーバーを導入しようと思い、ランキングを参考にした

赤ちゃんが生まれてから、何かと水に気を使うようになりました。
今までは、ふつうに水道水を利用していましたが、妊娠してからはささいなことで体調の変化が起こったり、肌が敏感になって、簡単にかぶれたり、皮膚が荒れるようになりました。
そこで、できるだけ良い水を使うように、気を付けるようになりました。
定期的にミネラルウォーターのペットボトルを、スーパーやドラッグストアで安売りを狙って購入するようにしていたのですが、ペットボトルだとすぐに中身がなくなってしまう上、ペットボトルの空き容器がゴミになってしまい、とてもかさばるようになりました。
さらに、妊娠中ということで、あまり重いものは持ちたくなかったので、そのうち自分では買いに行くことができなくなってしまい、夫のいる週末にまとめて購入するしかなくなってしまいました。
妊娠中の女性用の雑誌を見ていたところ、ウォーターサーバーの広告を目にしました。
レンタル料がかからないなど、初めて知る情報がたくさん掲載されていたので、興味がわいて、まずは資料請求をすることにしました。
すると、今まで思っていたのとは違って、意外とウォーターサーバーを導入するためにはお金がかからないことを知ったので、毎週のようにミネラルウォーターを買いに行くのにも疲れていたので、夫と相談して、ウォーターサーバーを導入することを決めました。
すでに、いくつかのウォーターサーバーの会社の名前を知っており、どこが良いのかホームページなどを見比べてもわからなかったので、ランキングを見て参考にすることにしました。
赤ちゃんがいると、ミルクや離乳食にきれいなお水を使いたいと思う人が多いようなので、赤ちゃん系雑誌にもランキングが掲載されていました。
そうして見比べてみると、会社によって水が入ったボトルの料金が微妙に異なっていたり、本体のレンタル料がかかる会社とかからない会社があったり、最初の数ヶ月はサーバー代が無料になるサービスを行っている会社がありました。
その中で、わりとメジャーな会社で、サーバーのレンタル料がかからない会社を選びました。
ウォーターサーバーはボトルが大きいので、日常的に水を飲んでいてもそうすぐにはなくならず、とても便利でした。
良い水なので肌の状態もよく、赤ちゃんが生まれてからも、すぐに熱いお湯が出てくるので、ミルクを作るのもとても便利でした。
夜中の寒い授乳時に、すぐ温かい飲み物を作れるというのもメリットでした。

Copyright(C) 2009 水で体質改善.com All Rights Reserved.